横浜F・マリノス ファン

横浜F・マリノスを応援するイチファンによるブログです。

マリノスが低迷する原因は守備なのか?

27試合を終えて、勝ち点32の暫定12位(勝ち点31の名古屋が1試合未消化) 残り7試合の段階で、自動降格圏である17位との勝ち点差は2と、これがDAZNマネーによる戦力の均衡化なのか、ワールドカップイヤーの過密日程の影響なのかはシーズンが終わって改めて分…

チームは進歩していないのか リーグ最多失点と問題点

名実ともに現在のJリーグにおけるトップ3と、3連戦となる日程の妙もあり、1試合未消化ながら、20節終了時点でリーグ最多失点となってしまった。 この理由について、試合ごとのディティールに注力し、小難しい解説図を展開する方法は戦術クラスタに任せるとし…

幸運に恵まれた惜敗 ワールドカップ2018ロシア 決勝トーナメント一回戦 日本対ベルギー

ロシアで開催されている2018年ワールドカップで、史上初のベスト8へ、2010年大会以来、8年ぶりの挑戦となったベルギー戦。 極めて分かりやすい、表層的かつ、より勝敗に直結する重要指標のみを見た時に、このゲームは完全な負け試合であり、90分+4分まで2-2…

横浜F・マリノスが惜し過ぎる ラディカルな変化の副作用

14節が終わった段階で、順位表における降格圏目前な位置、勝ち点というデータ(数字)だけを見れば、そこには惜しいも何もない、と言えます。 一方で、今季のマリノスが、リーグにおいて順位を向上させる為に、何を目指しているのか、何を改善したいのか、そ…

Jリーグ第7節・広島戦雑感 マリノス的な目標を達成する為の最適な配置

今季は選手へのアタリが少々キツイ様な気がする。 これは、いよいよマリノスがシティグループの一員である理解が広がり、更には理想とするプレーのモデルケースまでも、現マンチェスター・シティに設定するのだと認識している人が多いからだろう。 つまり、…

横浜F・マリノスの目標達成指数 ポゼッションエクスチェンジ(造語)

多くの人にとって 『マリノスが狙い通りの良いプレーを出来ているのか』 解る指数を思いついた。 これは、なぜ、なにを、何のために、と明確な指針がスポーツ面における最高責任者が提示してくれたので、適用できると考えている。 speir-s.hatenablog.jp こ…

横浜F・マリノスが目指す物 (メディア向け説明書)

堅守、ハイライン&ハイプレス、偽サイドバック、シティ式、ポジショナルプレー。 安易なレッテルで納得する前に、横浜F・マリノス(以下マリノス)新体制発表会で何が語られたのかを、この事実をベースとして、考えよう。 youtu.be スポーツディレクターに…

横浜F・マリノス プライオリティ(第1優先事項)の転換

2018年、今季の横浜F・マリノス(以下マリノス)は、既にJリーグ開幕戦において、チーム愛の垣根を越えるという意味で、サッカーマニアック層に対して最もインパクトを与えたチームであるのは間違いがないように、今後も、どっちに転ぼうが話題を集めること…

2018年の横浜F・マリノスはスペクタクルだ

絶対的な正解が存在しない世界においては、何を信じるか、という事が意味と価値を持ち、その結果として数々の宗教が存在し、その信奉者も多数存在している。 この点、私が応援する横浜F・マリノス(以下マリノス)は、これまで無宗教であったが、2018年から…

2017年の横浜F・マリノス分析 補足・戦術における運用の失敗

この記事の補足的な内容です。 先ず、あくまでも、ファン、サポーターが2017年のマリノスを正しく捉えられる補助として、当記事を作成しています。 誹謗中傷に利用されるのは心外であり、おやめください。 speir-s.hatenablog.jp この記事内で若干、戦術につ…

横浜F・マリノスの2017年データからみる齋藤学の必要性と改善点

当初にはデータをベースに、翌シーズンを見据えつつ、『2017年にマリノスは何をしようとして、何が出来て、何が出来なかったのか』を、サポーター、ファンが出来るだけ理解できる様な記事を予定していた。 ところが、皆さんもご存知の例の件もあり、若干、そ…

齋藤学の計画的0円移籍という最悪の決別

既報の通り、齋藤学の移籍についてファンとして、2点、主にビジネス面と、スポーツ面において述べたい意見があるが、記事を分けることにした。 この記事では、題名の通り、ビジネス面について意見を述べる。 www.f-marinos.com 先ず、契約終了に伴う移籍金無…

戦評 天皇杯2017決勝戦・セレッソ大阪戦

天皇杯2017・決勝戦においてマリノスは最終的に負けた訳であるが、私はとても良いゲームだったと評価している。 終盤、松原と飯倉のミスを何とか取り戻すべく、全員で相手ゴールに向かう姿勢は感動的であり、これは正に今シーズン、少しでも上にと、全員で、…

セレッソ戦を終えて 勝ち点60への道 横浜F・マリノス

敗戦は何度もあるし、いずれにせよ辛いものだが、セレッソ戦は気持ち的にも数字的にも、なかなかの手痛い敗戦だった。 それでも、まだシーズンは残っているし、意味合いとしてもACL出場権、順位というあくまでも相対的な物ではなく、目標として勝ち点60を目…

横浜F・マリノスで敗北を知った日 (リライト 2013)

新潟のFW鈴木武蔵が放ったシュートがキーパーの榎本を破り、ボールがネットに収まった時、スタジアムは完全に冷え切った。その光景を、見ていて少し惜しく思ってしまった。これが最終節ならマリノスにとって凄い歴史になっただろう。Jリーグ2013シーズン総評…

プロ野球のモット良いプレーオフ制度

スポナビブログが潰れる事もあり、引っ越した記念も含めて、例外中の例外として、今話題の野球の記事も書きます。 筆者は小学生時代は大洋ホエールズ友の会に参加して、日夜、自転車で横浜スタジアムへと通っていた野球小僧でしたが、今は全く観てないのでそ…

横浜・F・マリノス マルティノス先生から学ぼう

マルティノスがパスを出さない? そんな声を加入以来、聞く事が絶えないマルティノスだけど、彼の方が正しい判断をしているという視点が必要ではないだろうか。 マルティノスの行動様式 フローチャートでロボットの思考回路を組み立てるみたいなゲームをやっ…

横浜・F・マリノス 進歩の現在地

理想的なゴールが再現性を持った上で決まった、セットプレーからも得点できた。 枠に飛んだシュートのプロセスを見れば、2-1こそが順当なゲームであったと私は思うし、 アンラッキーがフットボールの一部であるとしても、ドローで勝ち点1は得られる筈であっ…

ブーイングでチームは強くならない

対戦している相手選手や審判に対する物ではなく、自分の応援、サポートするチームに対するブーイングについて論じる。 一般的に、ブーイングとは観客による不満の意思表示である。 お金を払った権利において、演目の内容や演者に対する批評として、「つまら…

横浜・F・マリノス アシンメトリーな齋藤学の復活案

今マリノスが抱える問題、実験の結果見えてきたパーツを組み合わせて解決策を模索すると、アシンメトリーな関係が浮かんできた。 ここ2試合、都合でオンタイム観戦出来なかったのですが、その間に結果だけは復調傾向にあるマリノス。 そう結果だけ。 ここで…

横浜・F・マリノス大改造計画

リーグ戦において、柏戦、G大阪戦と、完全に相手が練習してきた通りにハメられてしまう連敗となった。 策を用意してきた柏と、その完璧にハマったゲームを予習してきたG大阪という関係であり、 今後、マリノスと戦うチームにとって、特に柏のやり方は模範解…

横浜・F・マリノスは何が良くなかったのか

原則として、良いこと、ポジティブな方向にのみエネルギーを使いたいので、表題の様な内容を書くことは少ない。 今回は、質問を受ける事もあり、皆さんが現状を正しく認識するお手伝いになればと、データの抽出と私なりの考えをまとめた物であります。 今季…

グランドナショナルを生中継で観よう

JRAの新施策により海外レースの馬券が買える事になり、これまで一部のマニアが楽しむ程度であった海外競馬に対して、より幅広いファンの関心が高まる時代を迎えている。 これに呼応して、海外のレースをもっと生でみたい、という要望がより一層高まって行く…

作りかけの横浜F・マリノス 右サイドの潜在能力

リーグでベストのウインガーという認識される齋藤学がいることもあり、左サイドばかりが注目されやすいマリノスのサイドアタック。 だが、今節DAZNベストゴールに選ばれたマルティノスのゴールは、昨シーズンは見られなかった縦のコンビネーションがもたらし…

横浜F・マリノス 脅威のポテンシャル!

マリノスの変革が見え始めた アウェーゲームでの0-1。 失点したシーンそのものは不運もあったが、不当な結果かと問われれば同意はできない。 運という不確定要素を差し引いても、ピッチ上で起きる確率の範囲としては順当だった。 結果だけを見れば、やはり…

全てのJリーグファンへ DAZNは俺達の仲間なんだぜ?

こんなにもJリーグにワクワク感があるシーズンはいつ以来だ? DAZNという誰も手を挙げる者が居なかった荒野に現れた挑戦者を叩きのめした先に、 果たして未来はあるのだろうか。 週末の事もあり、DAZNに対する罵倒がインターネット上を占めている。 以前の支…

横浜F・マリノス 第1節 浦和レッズ戦マッチレポート

フルマークに近い出来だった前半と、勝ったから取り敢えずOKな後半。 マリノス視点でアディショナルタイムの決勝ゴールで幕を閉じた開幕戦を振り返る。 公式リザルト http://www.jleague.jp/match/j1/2017/022501/live/#live 試合前に出したレッズ戦プレビュ…

横浜F・マリノス開幕戦プレビュー 第1節 浦和レッズ

サッカーを楽しむに辺り、見どころをまとめたマッチプレビューは重要だ。 だが残念な事に、少なくともインターネット上で見渡す限り、満足するものが何もない。 あのさ、Jリーグ、こういう所だよ。 毎年200億円払ってくれるDAZNに申し訳ないので面倒だが代わ…

さらば 名人芸を持ったトップジョッキー

JRAファンには馴染みが薄いだろうが川崎競馬に所属する金子騎手が引退をする。 穴狙いの複勝、ワイドでお世話になった南関ファンも多いのではないだろうか。 それはすなわち、実力が劣る馬を3着に持ってきてくれる、とイコールを意味する。 では、なぜ3着が…

外野を黙らせろ 横浜F・マリノスに新10番の時代

皆さんご存知の通り、横浜F・マリノスの新しい10番が決まりました。 背番号に意味なんてないという意見もありますが、マリノスでは違います。 サッカーはチームスポーツであり、あくまでもチームの1ピースであることには変わりがないのですが、よりよい環境…